読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityの価格改定について検証してみた

はじめに

Unityの価格改定が6月頭に発表されましたが、様々な意見を受け、更に修正が入ったようです。
blogs.unity3d.com

どのユーザーにとって値下げ、あるいは値上げになるのか、計算してみることにしました。

Unity5の各永久ライセンス価格を194,400円、アップグレード価格を半額の97200円とし、2年に1回のタイミングでメジャーアップデートされ続けた場合を想定します(現実にはもうメジャーアップデートはされません)
japan.unity3d.com

更に1ドル104円で計算しています。

以下は、2年間使い続けた場合の金額です(手計算なので、間違えてたらすいません)

Unity4もしくは5の永久ライセンスを保持している人(最初の2年=>次の2年)

現在のライセンス(永久) 金額 新プランの金額 差額
Unity5Pro 97,200円 249,600円=>312,000円 +152,400円=>+214,800円
Unity4+5Pro 97,200円 187,200円=>312,000円 +90,000円=>+214,800円
Unity5Pro(+iOS) 194,400円 249,600円=>312,000円 +55,200円=>+117,600円
Unity4+5Pro(+iOS) 194,400円 187,200円=>312,000円 -7,200円=>+117,600円
Unity5Pro(+iOS+Android) 291,600円 249,600円=>312,000円 -42,000円=>+20,400円
Unity4+5Pro(+iOS+Android) 291,600円 187,200円=>312,000円 -104,400円=>+20,400円

現在サブスクリプション中の人

現在のサブスク 金額 新プランの金額 差額
Unity5Pro 187,200円 312,000円 +124,800円
Unity5Pro(+iOS) 374,400円 312,000円 -62,400円
Unity5Pro(+iOS+Android) 561,600円 312,000円 -249,600円

永久ライセンスを持っているが、Plusに移行出来る人(年間収益が20万米ドル未満、もしくは10万米ドル未満だがスプラッシュスクリーンを消したい場合)

現在のライセンス 金額 新プランの金額 差額
Unity5Pro 97,200円 87,360円 -9,840円
Unity5Pro(+iOS) 194,400円 87,360円 -107,040円
Unity5Pro(+iOS+Android) 291,600円 87,360円 -204,240円

現在サブスク中で、Plusに移行出来る人

現在のサブスク 金額 新プランの金額 差額
Unity5Pro 187,200円 87,360円 -99,840円
Unity5Pro(+iOS) 374,400円 87,360円 -287,040円
Unity5Pro(+iOS+Android) 561,600円 87,360円 -474,240円

まとめ

表を見ると、永久ライセンスをアップグレードして使っていた人(サブスク登場以前からの人)にとっては、仮にモバイルの両プラットフォームを支払っていたとしても2年後以降は割高になる計算(10年以内ならトータルでは多少お得)です。最も割高になるのはモバイルを利用していなかった人で、2年後からは21万円の値上げになってしまいます。

逆に最も得をするのはPlusに移行出来るProユーザーで、最大で47万円の値下げになりますね。
Personal版には変更がないので、引き続き無料のままです。